2014年02月03日

Gravity

遅まきながら『ゼロ・グラビティ』を観に行った。

平日の夕方、新宿に観に行ったら
3D上映の映画館が満員で入れなかった。
仕方なく2Dの方に行ったらガラガラ。
過去にこんなにも2Dと3Dの動員の差が激しい映画があっただろうか。

観終わった後に、
それも仕方ないなと思った。
映画というよりも、ゲームとか
体験アトラクションに限りなく近い作品だったからだ。
ストーリーはあってないようなものだし、
観客はひたすら宇宙空間に放り投げ出されっぱなしなわけだから。

映画がアトラクション化していくことに関して、
今までは自分も何となく居心地の悪さを感じていたけど、
本作を観てそれもアリかな、という気持ちになった。
今後ますますCGやVFXが自然に使われるようになって、
人間がまだ足を踏み入れていない未知の世界を
3Dで疑似体験できるようになるはず。
それが映画の大きな役割のひとつとして機能していくのは
時代的に必然のような気がしたからだ。
(個人的には、良質な脚本がしっかりと存在するような
レディメイドな作品の方が断然好みなのだが)

考えてみれば、
100年以上前にリュミエール兄弟が列車の到着を映像で見せた時に、
観客が驚いて逃げたという逸話を思い出してみても、
映画には最初から体験アトラクション的側面があったはず。
『ジュラシック・パーク』だって『タイタニック』だって、
未知の映像世界を体験させてくれたからこそあんなに興奮したのだ。
いつの時代にもそういった優れた作品が
映画という文化の寿命を延ばしてきた。

ところで
『ゼロ・グラビティ』にはもうひとつ気になる点があって。
ストーリーの根幹を成す宇宙空間で起こる事故が、
実際には起こりえないとNASAが発表しているという記事を読んだのだ。
(そのことでNASAが怒って協力を拒んだって本当?)

もしそれが本当ならばショック!
そこはちゃんと裏を取ってしっかり描こうよ。
ちょっとした(映像的な)ウソぐらいなら許せるけど、
作品の土台となるような設定の部分でリアルじゃないのは
かなり醒めるよなぁ(映像が超リアルなだけに)。

まぁでもそんなことは後から知ったことで、
観てる最中は興奮しっぱなしの90分だった。
アルフォンソ・キュアロン監督お得意のワンカット長回しとか、
サンドラ・ブロックが無重力で宇宙服を脱ぐ
『バーバレラ』のパロディ風シーンとか、
王道の映画的至福感もかなり味わえますよ。

時間があれば、再度IMAX 3D版を観に行くつもり。


Gravity.jpg

どうでもいい話ですけど、↑こういうヴィジュアルを見て…


↓こういうヴィジュアルを思い出したりして…(ウチらの世代的には)

Gundam3.jpg


今日のBGM:「Angels Are Hard To Find」by Hank Williams Jr.

↑ジョージ・クルーニー演じる宇宙飛行士コワルスキーが聴いていた曲。
宇宙空間で聴くと、カントリー・ミュージックが持つ
郷愁感ってスゴいなと思った。


posted by Good Time Graphicker at 04:31| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

Good Ol' Freda

映画を観よう週間、絶賛実行中。


『お早よう』

今年は小津安二郎の生誕110年・没後50年記念だそうで、
ちょうど特集企画をやっている神保町シアターで
『お早よう』(松竹 1959年)を観てきた。

この作品が小津作品の中でどういう立ち位置かよく分からないけど、
小粋なエンターテイメントとしてすごくよく出来ていて
とても気に入ってしまった。

子供たちが企てるちょっとした作戦と、
大人たちがそれに翻弄されながら
様々な勘違いを起こして生まれる騒動を描いた作品。
日常の他愛のない話でこんなに面白い映画が作れちゃうなんて!
愛する人が死んじゃうみたいな大仰な邦画ばかりの昨今、
観ていてとても新鮮だった。

内田樹氏が「これ1本でコミュニケーションについての
講義が1年出来る」と言ったそうだけど、
人の生活において一見余計なものに見える挨拶や
ちょっとした会話の大切さを訴える本作のテーマは、
今でも(いや今の方が)すごく重要なことに思える。

デジタルリマスターによって甦った
カラーの素朴な色合いもすごく良かった。
寄り合いの小住宅や団地といった、昭和の懐かしい風景も。
舞台となっている川沿いの土手や河原は荒川あたりかと思ってたら、
ラストシーンで佐田啓二と久我美子が語り合う駅のホームが
今の二子玉川みたいな高架だったので、
もしやと思って調べてみたらやっぱり多摩川だった。
(駅は南武線の八丁畷らしい)

観た日はちょうど小津の命日で劇場は超満員。
劇中の子供たちがプーッと「おなら合戦」をする度に
客席が静かな笑い声に包まれて、とても幸福な鑑賞体験だった。


Good Morning1.jpg


Good Morning2.jpg



『愛しのフリーダ』

ビートルズの秘書を11年間も務めた女性
フリーダ・ケリーのドキュメンタリー。

映画『マジカル・ミステリー・ツアー』のバスの
結構目立つ位置(リンゴの横)に座ってた女の子…。
と言ってもよほどのマニアじゃないと知らないだろうな。
かくいう僕も、こんなに素敵な女性が
いつもビートルズの側にいたなんて全く知りませんでした。

まず驚いたのは、その誠実で生真面目な仕事ぶり。
ビートルズの秘書の一番大きな仕事は、
世界中から来るファンレターへ返事を書くことだったらしいが、
メンバーが事務所に来る度に本人たちからサインを貰って
ちゃんと返信していたというから驚く。
(「リンゴに一晩寝て貰ってから返して」と
枕と共に送られてきたファンレターには、
ちゃんとリンゴにお願いして一晩寝て貰ってから送り返したんだって!)

人気が出てあまりにもファンレターが多くなったので、
郵便局に送り届けるのを地元のバンドマン(マージービーツやフォーモスト!)
に頼んでいたというのも、実に微笑ましいエピソード。
(皆、彼女に嫌われるのがイヤだったから手伝っていたとか)

キャヴァーン時代から世界中で人気者になって
リヴァプールに凱旋するあたりまでの初期ビートルズのことを語る
フリーダは本当に幸せそうだが、
逆にエプスタインの死から解散までのエピソードでは
徐々に口が重たくなるのが印象的だった。
彼女はビートルズのメンバー全員のファンだったから、
4人がバラバラになるのを間近で見てるのがどれだけ辛かったか。

ビートルズ解散後、
家庭に入るから秘書を辞めるとジョージに言いに行った際、
何気に自分のサイン帳を差し出すフリーダ。
(あれだけのファンへのサインを貰い続けた彼女は
自分用のサインをまだ1枚も貰ってなかったのだ。その奥ゆかしさにも泣ける!)
ジョージは彼女の想いを察しサイン帳を自分のポケットに入れて
「他の3人のサインも貰ってきてやるよ」と。

ジョージの優しさに泣いたね。
だって解散直後の(たぶん)顔も合わせたくないメンバーに
わざわざサインを貰いに会いに行ってくれたんだよ。
このエピソードからも
彼女がどれだけ最後までメンバーに愛されていたかが分かる。

映画の後半にポールの「I Will」が流れるのだが、
「君を愛し続けてるなんて誰も知らない」
という冒頭の一節がやけに胸に響いた。

まさに今まで誰も知らなかった、
ビートルズに愛し続けられた幸せな女の子の物語でした。


Good Ol' Freda.jpg


今日のBGM:「I Will」by The Beatles


posted by Good Time Graphicker at 04:53| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

Like Father, Like Son

最近、何となく映画館から遠ざかっていて、
これじゃいかんと公開終了間近の以下の2本を観てきた。


『陽だまりの彼女』

10月に行った達郎ライヴの会場で、
隣の席に座ったおばさん2人がこの映画の話をしていて
容赦なくオチを全部言いやがったので(笑)、
「Wouldn't It Be Nice」がどんな風に使われているかだけを
確認しようと劇場に。

ストーリーに絡むとは聞いていたけど、
まさかこんなに濃ゆい絡み方をしていたとは思わなかった。
日本語の訳詞まで読ませる演出や『Pet Sounds』のジャケットまで。
すごく嬉しかったけど、ただ、素朴な疑問として
なぜ上野樹里演じる真緒がそこまで
ビーチ・ボーイズ・フリークなのかがすごく不思議。
他に洋楽好きみたいな描かれ方も全くされてなかったから。

やっぱりあれですかね、一時期、自分のプロフィールなどに
好きな音楽としてキャロル・キングの『Tapestry』や
ビーチ・ボーイズの『Pet Sounds』って書いてアピールする
若い女性が多かったけど、そういうタイプですかね?
(いや、そんな軽いタイプじゃなかったな。
なにせ自分の買ってる金魚にブライアン、デニス、カールって
名付けるほどのBB5オタクぶりだったし!)

それはともかく、
「Wouldn't It Be Nice」が何度も大音量で聴けたし、
自分が住んでる江ノ島周辺もたくさん出てきたし、
更に達郎さんのエンディング・テーマにもグッときたので
観に行って良かったなと。


『そして父になる』

最初、是枝裕和監督の作品に福山雅治が主演するって聞いて
すごい違和感だった。何となく観る機会を遠ざけていたのも
そのせいかも知れない。

でも本作が、
福山雅治の方から是枝監督に企画を出したところから始まり、
彼のために一から脚本が書き下ろされた
という情報を知って、その違和感は払拭された。
つまり、この作品の良太という主人公は
福山雅治という役者の完全な当て書きなのだ。

福山雅治を使ってこういう作品を作る是枝監督は
やっぱりすごいなと思う。
イヤミなほど全ての成功を収めたように見える実際のキャラクターを
完全に活かしきった脚本になっているのが素晴らしすぎる。

病院で息子を取り違えられたふたつの家族の物語。
実の子か、育てた子か、という究極に重い選択を
観客は観ている間ずっと突きつけられる。
後半の1時間、何度も涙が溢れ出そうになる瞬間があったが、
単に長年育てた我が子(と思っていた他人の子)を手放すという
(例えば『クレイマー、クレイマー』的な)
シンプルな悲しみだけの物語じゃなくて、
その先に実の子供と本当の親子になれるかという、
更に複雑で深刻な問題が待っているというのが本作のポイントだと思う。

その「血」か「時間」かという重い主題に対して
もちろん観ながらずっと考え込んでいたんだけど、
本作にはもうひとつ重要なテーマがあって、
子供のいない自分にはそちらの方にも意識が取られた。
それはそれまでの人生に勝ち続けた良太という主人公が、
最後の最後で「勝ち負け」という概念を捨てて、
現実を全て受け入れるという変化の物語だ(あえて“成長”とは言わない)。
(ラストのシーンで、育てた子供に「もうミッションなんて終わりだ」と
叫ぶ福山の言葉に胸が熱くなった)

日本の庶民は勝ち負けという概念なんかとっくに捨ててるのに、
一部の偉い人や政治家が勝ち負けの時代に戻したがってる今の時代に
是枝監督はあえてこういう作品を作ったんじゃないかと思えてくる。


今日のBGM:「Wouldn't It Be Nice」by The Beach Boys


Pet Sounds.jpg


posted by Good Time Graphicker at 04:50| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。