2014年05月24日

Pete Drake & His Talking Steel Guitar

先週の『SEIKO Hits Around The Clock』で紹介された
50年前のチャート。

1964年5月16日付 ビルボードTop 10

10位 ロイ・オービソン「It's Over」
9位 ダニー・ウィリアムス「White On White」
8位 ジャン&ディーン「Dead Man's Curve」
7位 サミー・デイヴィス Jr.「Shelter Of Your Arms」
6位 フォー・シーズンズ「Ronnie」
5位 ビートルズ「Do You Want To Know A Secret」
4位 デイヴ・クラーク・ファイヴ「Bits And Pieces」
3位 ビートルズ「Love Me Do」
2位 ルイ・アームストロング「Hello, Dolly」
1位 メリー・ウェルズ「My Guy」

先月9位だったメリー・ウェルズが大躍進。
スモーキー・ロビンソンによる曲「My Guy」で遂に1位に。
6位のフォー・シーズンズ「Ronnie」は、
ひとつ前のシングル「Dawn(Go Away)」と
次のNo.1シングル「Rag Doll」に挟まれて地味な印象を受けるけど、
改めて聴くとやっぱりすごくいい曲。
ビートルズの侵略を受けても全くブレない音楽性が素晴らしい。
そして久しぶりに登場のロイ・オービソン!
この「It's Over」で勢いをつけて
次の「Oh, Pretty Woman」の特大ヒットに見事繋げる。

この週のチャートはトップ10以下も好きな曲がたくさんあった。
ダイアン・リネイ「Kiss Me Sailor」(29位)とか、
リック・ネルソン「The Very Thought Of You」(32位)とか、
ニノ&エイプリルの「Tea For Two」(62位)とか。
96位にストーンズの「Not Fade Away」がちょこっと顔を
出したのも嬉しかった。

でも一番気になったのは52位にランクインした、
ピート・ドレイク&ヒス・トーキング・スティール・ギターの
「Forever」という曲。

何とも言えない曲の奇妙さとユルさに圧倒されて、
YouTubeで映像を観てみたら更なる衝撃を受けた。

これをモンドと言わずして何と言うんでしょう。
チューブみたいなものを口にくわえているのは、
トーキング・モジュレーター。
ヴォコーダーの元祖みたいなものだが、
スティール・ギターの音色と合わさると
古いんだか新しいんだかよく分からないサウンドになって、
まるで50年代のSF映画を観ているような不思議な気分になる。

カントリー風の白いジャケット(ヌーディー・スーツ?)を
着たバンド・メンバーの風貌や、後ろに座ってる人たち、
途中でいきなり入る男女混成コーラス隊の雰囲気など、
何から何までストレンジ!
(すでにビートルズの時代になっても、
こんな曲がヒットしてるアメリカ音楽の奥深さに目眩がする)

ピート・ドレイクについては
ジョージ・ハリスンの『All Things Must Pass』にも参加してる
有名なスティール・ギター奏者で、
前にAgainの店主・石川さんに色々と教えて貰ったことがある。
トーキング・モジュレーターもこの人が発明したとかで、
カントリー・ミュージック界の異端児と言われているらしい。

知識としては知っていたけど、
この「Forever」の映像を観て
初めてその異端さが分かった気がする。
(スティール・ギターについては石川さんのこのページ参照。
あとピート・ドレイクについては自分のこの日のブログでも書いてます)

カントリーは知れば知るほどヤバい音楽だ。


今日のBGM:「Forever」by Pete Drake & His Talking Steel Guitar


Pete Drake.jpg


posted by Good Time Graphicker at 05:19| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。