2014年05月13日

Ceol Greatest Hits Vol.1 2007〜2014

このブログにも何度か登場した
辻堂にある奄美カレーとコーヒーの店「カフェ・キョール」

店を切り盛りしている山本夫妻とは
ブランディン繋がりで知り合い、仲良くさせて貰っていた。
お店を借りて開催されたレコードを聴くイベントや忘年会など
何度も足を運び、逆に自分のイベントにも来て頂いたりもした。

この度、キョールは湘南での7年間の営業を終えて閉店した。
今後は奥様のご実家がある奄美大島に帰省し、
そこでまた新たなキョールを再開するという。

一昨日の日曜日、ブランディンにて送別会が行われた。
お店のファンだった方々、ご夫妻にお世話になった方々が集まり、
7年間のお礼と奄美でのご健闘を祈ってそれぞれが歌や演奏を披露した。
僕もカラオケ・メンバーの方たちと一緒に(GMT5ならぬ)BRD5を結成し、
『あまちゃん』の挿入歌「地元に帰ろう」の替え歌に
ギターと歌で参加したのだが、曲の旋律の美しさと
そのあまりの歌詞のハマり具合に
歌いながら少しウルッとしてしまった。

その後に更にウルッと来たのが、
最後に披露された奥様によるスピーチだった。

ご夫妻は音楽が大好きで、以前アイルランドに住んでいた時に、
音楽で人が繋がっていく面白さを発見したという。
そして湘南に移り住み、
アイルランド語で音楽を意味する「キョール」という名のお店を開き、
ブランディンのような場所にも出会って更にその大切さが身に沁みて、
今度は自身の地元である奄美でそのことを実践していきたいと。

かっこいい生き方だなと思う。
アイルランド、湘南、奄美。
この一見バラバラな土地の選び方に、
ご夫妻の一本筋の通った信念と、いかに音楽を愛しているかが
如実に表れているような気がしたからだ。

タカさん、ちよりさん、
素敵な日々をありがとうございました。
奄美での人生の第三章が充実するよう祈ってます!


Ceol Greatest Hits.jpg


↑ご夫妻に贈られた寄書きレコードと、その手作りレーベル↓。


Ceol Label.jpg


今日のBGM:「Danny Boy」by Al Hibbler

送別会の最後に山本夫妻が歌ってくれた
アイルランド民謡の「Danny Boy」も良かった!
↑曲は盲目の黒人男性歌手アル・ヒブラーによるヴァージョン(1950年録音)。


posted by Good Time Graphicker at 04:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。