2014年05月02日

Beatles gear

HPの“Works”に『Beatles gear[新装・改訂版]
写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語 1956〜1970』

をアップしました。

アンディ・バビアック氏が2002年に刊行し、
日本語翻訳版がリットー・ミュージックから出版されると
すぐさま大きな話題となった名著『Beatles gear』。
今回DU BOOKSから発売された新装改訂版の
デザイン、レイアウトを手掛けさせて頂きました。
(先月の半ばには発売されていたんですが、
ちょっと紹介が遅くなってしまいました)

特典として…

Beatles Gear Postcard.jpg

↑こんなポストカードや

Beatles Gear Shiori.jpg

↑こんな栞なども制作したので、
気になる方はぜひお店でチェックしてみて下さい。


内容はサブタイトルにあるように、
ビートルズのメンバーが結成から解散までに手にした
楽器や機材を解説したヴィジュアル本。
ただマニアックに解説しているだけじゃなくて、
ちゃんとバンドの物語の流れの中でうまく楽器を紹介しているので、
ギター・マニアや演奏家以外の普通の音楽ファンにも
十分に楽しめるのがこの本の優れたところ。

リッケンバッカー、グレッチ、カジノなどの定番ギターや、
金メッキされたポールの曰く付きヴァイオリン・ベース、
サイケ調にペイントされたジョージのストラト
ロゴ・ヘッドの変遷が詳細に記されたリンゴのラディック、
ヴォックスのアンプからメロトロン、ムーグ・シンセまで、
彼等の楽曲をカラフルに彩った様々な楽器が
カラーで次から次へと登場する。

大学時代に一生懸命バイトして、
リッケンバッカー325(ジョンのショートスケール・モデル)を
中古で買った自分のような人間にとっては
ギターの大きな図版をひたすら眺めているだけでも幸せだが、
書かれている楽器に関する物語の中には知らないことも多く、
興味深い発見が多かった。

一番「へえ〜っ」って思ったのは、
ジョンがリッケンバッカーというギターを知ったきっかけが、
ジョージ・シアリング・クインテットの1955年頃のライヴで
トゥーツ・シールマンスが弾いていたのを見たからという話。
シールマンスはジョンのお気に入りのギタリストで、
たまたま彼が使っていたリッケンバッカーをカッコいいと思い、
ハンブルクで手に入れたらしい。
(これって有名な話?)

ジョンがジョージ・シアリングみたいな音楽を
聴いていたというのが面白い。
ちなみにジョージ・シアリング・クインテットの1959年のライヴ盤
『Shearing On Stage!』のジャケットを確認してみると…


George Shearing on Stage.jpg


確かに右上に写っているトゥーツ・シールマンス↑が
リッケンバッカーらしきギターを弾いている!

ここで想像するに、
ジョンは音色とか音楽性云々はあまり深く考えずに、
単に「格好がいいから」という理由だけで
リッケンバッカーを選んだんじゃないかと。

ポールがヘフナーのヴァイオリン・ベースを最初に選んだ理由も、
左利きの彼が逆さに持っても(左右対称で)見栄えが良かったから
と語っているが、ジョンにしてもポールにしても、
「見た目でピンと来た」みたいな視覚的感性のみで
楽器を選んでいるような気がする。

それは彼等がアート・スクール出身ということと無関係じゃなくて、
自分たちがステージ上で映える術みたいなことを、
かなり初期から意識していたように思う。

ビートルズがあれほどまでに成功したのは、
単に音楽的に優れていただけではなくて、
こういう鋭いヴィジュアル・センスも突出していたからだと、
楽器という側面から見ても改めて痛感した次第なのです。


今日のBGM:「Nowhere Man」by The Beatles

↑この曲のギター・ソロは、
1965年にジョンとジョージがお揃いで買った
ソニック・ブルーのフェンダー・ストラトキャスターを
2人がユニゾンで弾いている…
みたいな楽器トリヴィアが満載。

はぁ…それにしてもいい曲。


posted by Good Time Graphicker at 05:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。