2014年02月23日

The Way Of Her Life

久しぶりに本のレイアウト仕事をやってます。
ジャケット仕事などと比べて、
ページ物は作業量が多くてやっぱり大変。
でも内容が面白いので楽しんでやってます。
詳細は無事発刊したらということで。

そんな忙しい合い間を縫って読んでたのがこの本。


私の暮らしかた.jpg

『私の暮らしかた』 大貫妙子 著

かなり前のことだけど、
音楽ドキュメンタリー番組で大貫妙子氏が
葉山での暮らしをちょっとだけ紹介していた。
その暮らしぶりがすごくいい感じに見えたので、
もっと知りたいと思ってこの本を手にとってみた。

30代の時に何気なく買った葉山の一軒家で
両親と暮らす様子が丁寧に描かれている。
音楽の話はあまり出て来ない。
料理の話、パリに住む友達の話、
秋田での田植えの話、なついていた野良猫が失踪した話…。
そんな誰の身近にでも転がっていそうな話を
表現者らしい瑞々しい感性で綴っていく。

もともとは東京の出身で、
華やかな都会の生活を謳歌した若い頃や、
レコーディングや取材で世界中を飛び回っていた時代を経て、
徐々に自然と触れ合いながらの田舎の生活に
愛おしさを感じるようになったという
気持ちの変化が綴られているが、
6年前に鎌倉に引っ越した自分にもすごくよく分かる。

そういう穏やかな生活の中にでも、
大貫さんの歌のように凛とした
一本ビシッと筋の通った強さが感じられるのが
読んでいて気持ちがいい。
(バスの中で騒ぐ中学生を「静かにしなさい!」と
一喝するひとコマとか、思わず笑ってしまった)

そんな微笑ましいエピソードが続く中、
東北の震災や、両親が相次いで亡くなるといった辛い出来事が襲う。
ラジオなどでのクールな喋りからは想像もできない
感情の乱れが文章に表れている箇所もあった。
しかもそういう辛い時にでもツアーをこなしていて、
あの歌声を聴かせていたのだから
その精神力たるや…。

その後も札幌に構えた家と葉山を行き来しながら、
相変わらず自由で素敵に暮らしている。

自由に生きることはとても難しく、時に無性に寂しくなる。
だから皆、自由をすぐに手放してしまう。

でも大貫さんの自由な暮らし方は、
やっぱり羨ましいし、すごくかっこいいと思った。


今日のBGM:「Siena」by 大貫妙子


posted by Good Time Graphicker at 04:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。