2014年01月05日

あとは各自で

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

このブログも今年で5年目に入る。
最低3年は続けようと思っていたこともあって、
それを過ぎたあたりからペースもスロウダウンし、
モチベーションも少しずつ下がってきた。
書いていても「またこの話題か!」とか「この話、面白いのか?」と
自問自答している自分がいる。
最初の頃に好きなことを無邪気に書いていた楽しさは
いつのまにか消えていた。
続けるということは本当に難しいな、と思う。

自分は音楽や映画が好きで、
良い作品に触れた時の「血沸き、肉躍る感覚」を誰かに伝えたいという
シンプルな動機が、このブログを立ち上げた時にあったと思う。
考えてみれば、その「血沸き、肉躍る感覚」を一番最初に
強烈に味わわせてくれたのが大瀧詠一の音楽だった。
「なんでこの音楽に自分はこんなにも興奮するのか?」
という疑問を解き明かすために、中学生の頃、
60年代ポップスを真剣に聴き始めたと言ってもいい。
そしてその答えはまだ出ていない。

このブログの最初の方でも、
大瀧さんの曲の元ネタをああでもないこうでもないと論じることで、
その疑問に少しでも近づくのかなと思ったりもしていたけど、
徐々にちょっと違うなと思うようになってきた。
細かいことにこだわっていても何も分からないし、
例え正解がひとつ見つかったとしてもそれはそれだけの意味。
大瀧さんの音楽の魅力を紐解くには、
その元ネタをたくさん見つけても、
もちろん大瀧さんの音楽そのものを研究しても、
本質にはあまり近づかないような気がするのだ。
そのことに何となく気付いてからは、
本ブログで大瀧さんの音楽の話題をあまりする気がなくなった。

健太さんがここで書いているように、
大瀧さんは音楽だけじゃなく、スポーツ、落語、映画、文学、
オーディオ、コンピュータ、芸能ゴシップ、CM、政局など、
あらゆる方面に興味を向けていた。
しかもそのひとつひとつの考察がハンパじゃない深さだと。
時間とお金があれば誰にでもできそうに思うが、実はこのことは難しい。
義務とか仕事とか勉強のためではなく、
「楽しんで夢中でやること」が相当に難しいと思うのだ。

前述したように、なぜ僕は大瀧さんの音楽に「血沸き、肉躍る」のか?
という疑問に正確には答えは出せていないが、
何となく今言えるのは、大瀧さん自身がずっと
「血沸き、肉躍ってた」人じゃなかったからではないかと。
クールな客観性や知的な判断力も常人より確実に持ち合わせてた人だけど、
基本的には物事に対して常に熱く、楽しめる人だったと思う。
そういう人が作った音楽だから、僕は他のどんな音楽よりハマったのかも、と。

「結局ぼくは、苦しいとか思ったこと、
自慢じゃないけど1度もないんだよ。これは音楽に限らず。
ハタから見て苦しそうだってことはあったかもしれないけどさ(笑)。
あと、忙しいと思ったこともない。いつでもヒマなの。それで、いつでも楽しい。
これはずーっと変わんないですねぇ」(大瀧詠一/1984)


自分がブログを書き始めて気付いたこと。
それは日々凹むこともあって、何も感じない日も多々ある。
もちろん単に忙しかったり、周りを気にしたり他人に嫉妬したり。
何かに熱くなってもすぐに熱が冷めたり、急に虚しくなったり…。
そんな時にそのまま暗い気持ちを書き綴っても誰も読んではくれないし、
元気なフリをしてもすぐにバレる。何より自己嫌悪に陥る。
大瀧さんみたいに「いつでもヒマで、いつでも楽しい」と本気で言い切って、
何のしがらみや利益にも影響されず、
自分の興味だけをただただ掘り下げていくのがどれだけすごい才能かと。

そう考えると、
大瀧詠一という人の人生はすごく幸せだったんだなぁと思う。
そして、まだ血沸き肉躍っている最中にいきなり逝ってしまったのは、
もしかするとすごく“幸せな結末”だったのかもしれない。
(もちろんまだ早過ぎるし、
もっともっと研究成果を聞きたかったという痛恨の気持ちも当然ある)

残された僕たちと言えば、
大瀧さんが示してくれた生き方や姿勢を参考にしながら、
自分なりに熱くなれる興味や題材をそれぞれ見つけて、
それに邁進しながら常に楽しく生きていくしかない。
そう思えば、このブログももう少し続けていってもいいかなと。

「あとは各自で」

結局のところ、それしかないし、そういうことなんだろう。


今日のBGM:「こんな時、あの娘がいてくれたらナァ」by 大滝詠一

↑大晦日、帰省した故郷のバス停でバスを待っていると
iPodからこの曲が流れてきて、突如涙が溢れてきた。
なぜこの曲だったのか、よく分からないけど
『Go! Go! Niagara』というアルバムが自分の中で特別な1枚なのは確か。


Go! Go! Niagara.jpg


posted by Good Time Graphicker at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。