2012年02月12日

For All We Know

今日の『サンデー・ソングブック』は
オリジナル・ヴァージョン特集。

世に知られているヒット・ソングの中から、
実はこっちがオリジナルですよ、という曲ばかり集めた特集の2週目だが、
大好きな「For All We Know」がかかって狂喜してしまった。

この曲はカーペンターズのヒット(1971年)で有名だが、
オリジナルは『Lovers And Other Strangers』という
1970年の映画(邦題「ふたりの誓い」)の主題歌で、
作詞はアーサー・ジェイムスとロブ・ウィルソン、
作曲は映画畑の作曲家、フレッド・カーリン。


Lovers And Other Strangers.jpg


作詞を手がけたアーサー・ジェイムスはジェイムス・グリフィン、
ロブ・ウィルソンはロブ・ロイヤーの変名。
この2人はご存知ブレッドのメンバーですね。

劇中ではラリー・メレディスが歌っており
(サンソンでもそのヴァージョンがオリジナルとして流れた)
映画をたまたま観たリチャード・カーペンターがこの曲を気に入り、
カーペンターズのシングルに選んだという。
結果的にアカデミー最優秀歌曲賞を受賞した曲だから、
名曲を探し出すリチャードのアンテナの感度はさすがだと思う。

自分はもちろんそのカーペンターズのヴァージョンで知った。
高校の時に死ぬほど聴いたカーペンターズのベスト盤の中でも
特に好きだったのがこの曲だった。

曲を作ったフレッド・カーリンとは、
以前ちょっとした繋がりを持ったことがある。

もう10年近く前のことだが、
サントラを自主制作で復刻している映画音楽マニアの方々から、
あるサントラのデザインを依頼された。
それがフレッド・カーリンが音楽を担当した『未来世界』(1976年)だった。
あのSF映画の大ヒット作『ウエストワールド』の続編だが、
それまで本作の劇伴はレコードにもCDにもなっていなかったらしい。

権利関係の許諾や制作の諸々のアドヴァイスも含めて、
フレッド・カーリン本人とメールでやりとりをしながらの作業だったが、
完成直前の2004年3月に彼は急逝してしまう。

前年2003年暮れのクリスマスに、
CD制作チームからのプレゼントとして
自分がデザインしたクリスマス・カードをフレッドに送ったら、
丁寧なお礼の返事を頂いたことを憶えている。

まさしく「For All We Know」の曲の世界をイメージするような、
誠実かつ高潔さを匂わせる人柄だった。


今日のBGM:「The Greatest Love Of All」by George Benson

フレッド・カーリンとは全く関係無い話だが、
先程ホイットニー・ヒューストンが亡くなったというニュースが入ってきた。
80年代の華々しい活躍を知っている世代にとってはやるせない気持ちになる。
そう言えば、ホイットニーがヒットさせたこの「The Greatest Love Of All」も
オリジナルはあまり知られてないのではないかと。

↑モハメド・アリの伝記映画『アリ/ザ・グレイテスト』の主題歌として、
ジョージ・ベンソンが1977年に発表したこのヴァージョンがオリジナル。




posted by Good Time Graphicker at 19:02| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。